こんばんは。モバイルコンサル甲府です。

今日はiPhoneの防水機能について。

 

「iPhoneは防水だから、水に濡れても大丈夫!」iPhone、たしかに防水・防塵仕様になっています(6s以降の端末です)。

しかしiPhoneを修理している立場から言わせてもらうと、その考え、危険です。

簡単に書きますが『本体と画面のスキマは防水テープで貼り付け・埋めていますが、本体下部の充電口やイヤホンジャック、スピーカーの穴など』水分が侵入できます。

また防水テープも劣化していたり、うまく貼られていなかったりなどで、水没します(購入したばかりのiPhoneでも、です)。

 

お風呂場での仕様や蒸気・湿気の高い場所などの使用など、iPhoneの防水を過信しないで使ってください(とはいえ、防水仕様なのは間違いないです)。

下はiPhone内分の水没シールが赤く反応している画像です(左上と右下の二ヶ所)。分かりづらいですが右上のカメラ部分に水垢も確認できます。