こんにちは。モバイルコンサル甲府です。

当店の地元、山梨県甲府市。ここは日本でも有数の夏場高温地域です。毎年思うことですが「気温40℃を覚悟」しています(^^;

そんな40℃ちかくの気温、iPhoneは普通に使えるのか?ちょっと調べてみました。

アップルの公式サイトでは「iPhoneやiPadは 0° ~ 35℃ の場所で使ってくださいね。高温だと端末(iPhoneやiPad)が変形しちゃうかも。バッテリーの持ちも悪くなるかもね」と説明されています。更には「 iPhoneやiPadは-20° ~ 45℃ の場所に保管してくださいね」ともあります(文体は当店で変更しています)。

35℃。今年は何度越えたことか。甲府はiPhoneを使うには望ましくない場所なのでしょうか?

けれども実際はそんな状況でもiPhoneを使わなければならず・・・当店、使っています。が支障はありません。では支障が出るとするとどんな状況でしょう?

それはこの部分「iPhoneやiPadは-20° ~ 45℃ の場所に保管してくださいね」・・・これが気になります。

夏場で45℃、さすがに普通の状態なら可能性は低いですが「車の中」なら45℃を超えることもしばしば。一説には夏場の車内温度は50~70℃を超えることもあるようです。そんな状態の車内にiPhoneを置いておくと不具合の原因になることは大いにありそうです。

うっかり車内にiPhone置きっぱなし。良くあることですが、日常のiPhoneno使い方一つ一つも見直すことで故障の予防に繋がってくると思います。お気をつけください。