こんにちは。アイフォン修理と格安スマホのモバイルコンサル甲府です。

iPhoneの故障で多い依頼内容は画面修理と電池(バッテリー)交換、と以前お知らせで解説させていただきました。

今日は少しレアな故障事例【ホームボタンの故障】の解説をしていきます。

 

【ホームボタンの故障】

ホームボタンの故障、実はいくつかパターンがあります。「ホームボタンが押しても反応しなくなった」「強く押さないと反応しない」「反応が鈍い」などなど。この「押しても反応がない」については故障ではない可能性も。これはiPhoneを再起動することでチェックすることができます。再起動後に反応が戻り、不具合を感じなくなれば故障ではないと思います。

再起動後に反応が戻らなかった場合、残念ながら故障の可能性が高いです。ホームボタンケーブルの断線や破損・ホームボタンを止めている金属板のズレ・破損、ホームボタン側もしくは液晶画面側コネクタの破損などが故障理由となり、ホームボタンの交換、または液晶画面側の交換となります。

 

上記とは別にiPhone 5s ~ 8 までに採用されている「Touch ID(=指紋認証)が反応しない」状態について。故障では無いパターンを紹介します。

  • 指が汗などで濡れている
  • 手荒れ
  • ホームボタンの汚れ
  • 画面の保護フィルムがずれて貼られている(ホームボタンのごく一部を隠している)
  • 指紋登録時と指の角度・位置が違う

などが故障ではない安心パターンです(^^)

 

ホームボタン部分は新しいiPhoneになればなるほど、繊細でデリケートになっています。更にiPhone 7 ・ 8 については、ホームボタンの故障=Apple storeでしか直せません(これは本体とホームボタンがペアリングされていてからです)。

仮にもしホームボタンが故障した場合、「Assistive Touch」と呼ばれる“仮想ホームボタン”を画面上に現して対応することができます(「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「Assistive Touch」オン)。少し不便ですが、代用は可能です(画像のアプリボタンのような黒枠白ボタンがAssistive Touchです)。