こんにちは。モバイルコンサル甲府です。

先日「iPhone 8 の修理依頼が増加中です」と書きました・・・がその後すぐにiPhone 5 の修理依頼がありました。やはり天下のiPhone、古い端末も根強い人気です。

 

今回はバッテリー交換のご依頼でした。交換した画像がこちら↓一見きれいに見えるバッテリーですが、両横部分がめくれています。

これはバッテリーが膨張した跡です。交換時は膨張していませんでしたが、過去に膨張してその際に両横部分がめくれたんだと思います。

 

iPhone、バッテリー(電池)充電の充電は400回が劣化の目安と言われています。

バッテリー(電池)充電400回=おおよそ2年使用で通常400回のバッテリー(電池)充電と考えて、新しいiPhoneを2年使用したらバッテリーの劣化が目に見えて始まっても不思議はありません。

画像のiPhone 5 のバッテリーは、端末は約6年前に発売されているので、バッテリーの劣化が起こっていて普通です。

 

バッテリーの劣化は外見上分かりづらいです。iPhoneでは「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」でバッテリーの劣化具合が%表記されます。その%表記と使用感、またiPhoneの外見の変化(本体が膨張してきた、本体の横が開いた)などで判断できます※iPhone 5 では「設定」から%表記されません。ご注意を。

iPhoneのバッテリー(電池)交換は画面修理と比べて安価で交換できます。

普段のiPhone使用に不便を感じたらバッテリー(電池)交換をご検討ください。バッテリー(電池)交換するだけで以前の快適な使用感が復活しますよ。